自動車事故等第三者行為災害による労災保険の二重払いと思われる事象について

 唐突ですが皆様、第三者行為災害(傷害事件や自動車事故などです)に伴う労災保険が、災害後7年間は労災給付が止められますが、8年目からは給付されることになっていることをご存知でしょうか。

 第三者行為災害の多くに交通事故があります。交通事故の場合任意保険に加入している場合がほとんどで、死亡の場合は比較的高額な補償が受けられます。労働中の交通災害の場合は、この自動車任意保険の補償の他に、8年目以降は労災保険の遺族補償も受けられるのです。

 実は、平成25年までは労災保険の停止期間は3年でしたが、会計検査院からの二重払いの指摘を受け、停止期間を7年とした経緯があります。

 第三者行為災害には、傷害事件等のように簡単に加害者から補償を受けられない場合もあるので、すべてが二重払いとは言えませんが、少なくとも任意保険会社から手厚く補償が受けられる場合の第三者行為災害の場合、労災保険の支給は停止しても良いのではないか、というのが私の意見です。

 労働災害補償は、弱者救済の意味合いがあり、良い制度であることは間違いありません。保険金は基本的には、労災保険料で賄われていますが、公共事業の場合はそもそもその保険料は税金から支出されています。

 明らかに二重払いと分かっていても、支払う側の労災保険所管が厚生労働省という役所になっているから、明かな二重払いのケースでもなかなか改善されないのだと思います。

 例えて言うなら、交通事故を取り締まる警察が自動車保険も扱っているようなものです。(自賠責自動車保険は、国土交通省が所管しています)

 二重払いの解消もさることながら、労働災害を監督する厚生労働省(監督署)が、労災保険も所管していることに、常々疑問を持っています。

 民営化が叫ばれる中、労災保険の業務も民営化され、異常給付と思われるような二重払いが解消され、本当に困っている労働者にお金が補償されるシステムに代わることを、切に願っています。

建設現場における施工体制台帳の必要性についての疑問

皆様こんにちは

今日は12月27日で、もうすぐ2019年が訪れる年の瀬です。

建設現場には、施工体制台帳という聞きなれない書類が存在します。

現場の入り口に、元請を頂点に協力会社(下請と呼ぶことが多い)の施工分担工事名、工期、主任技術者などを表にして掲示している表がありますが、施工体制台帳の一部です。施工体系図と呼ばれている書類です。

施工体制台帳を作成した人はわかっていると思いますが、とにかく作成が大変です。建設業法で定められている書類ですから、国土交通省都道府県が所管しているものです。この施工体制台帳を作成、掲示しないと、建設業法違反ということになるわけです。

ところがこの書類、協力会社の厚生年金、健康保険、雇用保険に加入しているか、建設業許可項目は何か、会社の安全担当者は誰か、配置技術者の資格は何か等々、記入項目がてんこ盛りで、聞き出す元請も大変ですが、聞かれる協力会社も振り回されているのが現状だと思います。

各会社は建設業許可を取得しており、許可発行時に年金等の加入を確認すれば良いのでは、加入していなければ許可しなければいいだけです。

また、コンピュータの発達している現代ですから、各会社の許可番号などを打ち込めば、自動的に必要な項目が自動入力出来るようにするのは、簡単なことだと思います。働き方改革が叫ばれている中、時代に逆行していると思われるあまり意味のない、役人だけが自己満足していると思われる書類を、民間建設会社に延々と作成させている実態を、分かって欲しいと思います。

建設会社のほとんどは公共工事を請け負っており、お上に対して意見を言いづらい立場です。しかし、おかしいことはおかしい、こうしたら良くなるのではないか、という意見を自由に言える関係こそ、もっと日本が世界でも認められる国になるのではないかと思っています。

 

felica(パソリ)を使いwaonが自宅パソコンでやっと認識しました!!

自宅パソコンでwaonが認識しない、最新にfelicaをバージョンアップしても動かない、という方、インターネットブラウザーがグーグルchromeではありませんか?

私も、何度バージョンアップしても、管理者権限でfelicaソフトをインストールしても上手くいかず、偶然エクスプローラーでwaonサイトにログインしたところ、waonが認識されるようになりました。

以下の画面がfelica(機種はRC-S380です)がwaonを認識した時の画面です。

ちなみに、パソコンのOSはwindows7です。

f:id:kareidaisuki:20170430165751j:plain

waonが自宅パソコンで認識しないで困っている方、インターネットブラウザーエクスプローラーにして、試してみて下さい。

お昼寝中の我が家の猫です

ご主人様のベットで、気持ちよくお昼寝中の我が家の猫です。

どんな夢を見ているのでしょうか。

いびきをかいたり、寝言を言ったり、きっと楽しい夢なんでしょう。

寝姿でも十分私を癒してくれる、我が家の猫です。

f:id:kareidaisuki:20170329212526j:plain

田代島(猫島)の猫ちゃん

田代島(宮城県石巻市)の猫ちゃんに会いに行って来ました。

その中に、とても人になついていて、愛くるしい猫ちゃん↓↓↓↓が居たので写真アップします。

まだまだ、東日本大震災の爪痕が残っていますが、少しずつ石巻も復興しています。

東北の復興応援を兼ねて、是非かわいい猫ちゃんに会いに田代島に遊びに行って下さい。かわいい猫ちゃんたちがいっぱい元気をくれますよ。

f:id:kareidaisuki:20170328202641j:plain

f:id:kareidaisuki:20170328202725j:plain

我が家の猫に癒されます

お外に出たいのか?

何を考えているのかわかりませんが、お風呂場の窓から寂しげに外を眺めている我が家の猫です。

5月で2歳になるメスです。我が家に来たころを思い返すと、やんちゃなところやわがままも少なくなり、「おとな」になった我が家の猫です。

ちょっと恥ずかしいけど、後ろ姿だけだと寂しいので正面の顔も公開です。

f:id:kareidaisuki:20170328204504j:plain

f:id:kareidaisuki:20170328204530j:plain